able EQ アプリ

聴き心地の最適化を追求する

更新日:

聞こえ方

一人ひとりに合わせて聴こえ方を最適化

 

私たち、ヒトの顔・性格が千差万別であるように、”耳” もヒトの数だけ違いがあります。

しかし、その違いに気づいている方は少ないのではないでしょうか?
この記事では、耳の機能が低下し、機械(補聴器や集音器)に頼るようになった時に抱く
「画一的な音への違和感」とその解決策をご紹介します。

Chief Exective Officer

執筆者:久保 聡介

freecle Inc. / Chief Exective Officer


聴こえ方は千差万別!?

私たちは普段、耳でひろった音を神経・脳で解析し、音として認識しています。
例えば、絶対音感がある人・ない人の違いが生じるのは、この認識フローが異なるからです。


子音に敏感な人、低音域に敏感な人、同じ “耳” でも、聴こえ方は千差万別です。


私たちは、"αble-aid" の開発に取り組むまで、この差がどれほど生活に影響するのか知りませんでした。


2018年10月、クラウドファンディングで "αble-aid" の販売を開始する前に、デプスインタビューを実施させていただきました。

試聴会参加者の内、聴力に課題意識のある 約60名 の方に、購入時の課題をヒアリングし、「機械(補聴器や集音器)によって、聴こえ方が全然違う。高価なものが必ずしも良いわけではない。」という声を多くいただきました。

オーディオの世界では、音質に優れているメーカーとして、BOSE や SONY などがよく挙げられますが、聴力に課題意識のある方にとっては、使ってみないと(聴いてみないと)良し悪しを評価できないという事実を知りました。

一方で、"αble-aid" と同価格帯の製品で、この聴き心地の調整に特化した製品が少ないことも判明しました。


補聴器であれば、店舗で調整していただけるのですが、過去の記事『商品価格に込めた想い』  『店舗に通えない人をサポートしたい』でもお伝えした通り、気軽な解決策が求められていました。

 <実際の声(一部抜粋)>

  • 聴き心地が悪いと、会話についていけない・・・
  • 会話についていけないと、会議や商談でチャンスを失う・・・
  • 仕事が上手くいかないと、私生活にも影響する・・・
  • 孤独感が強くなり、人との会話が減っていく・・・

聴き心地の良い音声フィルターを開発

聴こえ方を追求するために、私たちが取り組んだのが "αble-EQ"(スマホアプリ)の開発です。

国内外の様々な商品・サービスを分析し、音声処理の方法、聴き心地の良い音声フィルターの特徴をゼロから学びました。


具体的には、以下のフィルタを開発し、最適化を図っています。

  • ノンリニアフィルタ(NAL処方式)の開発:独自のアルゴリズムで「明瞭感」を高める処理
  • バイクワッドフィルタ(別名:IIRフィルタ)の開発:周波数別に音を分解・解析する処理
  • ピーキングフィルタの開発:好みの音(特定の周波数帯域の増幅値)を細かく制御する処理

弊社の協力パートナーである Silent Voice社 にもサポートしていただき、
数十名の方に開発した「数十パターンの聴こえ方(音色)」を試聴していただき、
最も聴き心地の良いものを採用いたしました。

αble EQ

 

"αble-EQ" は、何千人〜何万人にテストし、生まれた商品ではありませんが、
単純にマイクで音をひろって、大きくしているだけではない
「聴き心地」にこだわった商品です。

是非、ご試聴ください!

"αble-EQ" について

必要な時にだけ、聴こえやすくしてほしい
それも、気軽に。手軽に
"αble-EQ" は、"αble" シリーズの各機能を最適化できるスマホアプリです。
iOS:http://u0u1.net/qw1y
Android:http://u0u1.net/VaEE


able EQ アプリ

この投稿をシェアする