able EQ アプリ

一度低下した聴力はもとに戻らない!?

更新日:

聴力低下

 

WHO(世界保健機関)のテドロス・アダノム事務局長は「一度失われた聴力は、取り戻すことができない」との見解を示しています。
視力と同様に ”もとに戻らない課題” として、捉えるべきなのかもしれません。

Chief Creative Officer

執筆者:香本 剛志

freecle Inc. / Exective Officer


一度失われた聴力は、取り戻すことができない

人間の聴力は、年齢とともに衰えるのでしょうか?
お年寄りの中にも、耳が聴こえる方は、大勢いらっしゃると思いますが、日本老年医学会の発表によると “65歳以上の約58%が老人性難聴” というのです。
2人に1人以上、これは驚くべき数字です。

この社会的問題について、WHO(世界保険機関)事務局長のテドロス・アダノム博士は、若者の聴力低下の問題にふれながら「一度失われた聴力は、取り戻すことができない」とのべています。
聴力回復には様々な説があるので、一概には言い切れませんが、事務局長の意見は、大きな反響がありました。

視力と同様に、”もとに戻らない深刻な課題” として、聴力低下と向き合うべきなのかもしれません。

まずは自分・家族の聴力を確認することから始めよう

この記事を読まれた方の多くが、ご自身・ご家族の “何らかの症状(異変)” に不安を抱えていらっしゃるのではないでしょうか?
人によって症状や原因は千差万別ですので、ネットの情報だけでなく、病院で診察を受けられることをお勧めします。
仕事や家事でご多忙な方も、まず、ご自身・ご家族の聴力を確認することから始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ(著者の想い)

私(香本)の父は5年前に聴力の低下を感じて以降、2年間、そのまま過ごしていました。
日によって、よく聴こえることもあり、軽視していたようです。今では片耳があまり聴こえません。

私は医者ではないので、"なぜ悪化したのか?" 原因は分かりません。 正直、出来ることは限られています。非力です。

この経験を通じて、「お耳のふあん」は軽視されがちなテーマなのかもしれないと疑問を抱き、この記事を執筆させていただきました。 誰かの気づきにつながれば幸いです。

出所

WHO, “事務局長のテドロス・アダノム博士(意見表明)”  
日本老年医学会, “日本老年医学会雑誌 51巻1号2014年(高齢者の難聴)”


この記事の執筆者

Chief Creative Officer

香本 剛志

freecle Inc. / Exective Officer

 

"αble" シリーズ” のカスタマーサポートを担当
『お客様に一番近い存在であり続けたい』をモットーに、
定期的に試聴会・展示会を企画しています

この記事の執筆者と読者が考えた商品

able EQ アプリ

この投稿をシェアする